ペット犬のしつけ

犬の種類というのは各国の各団体が、そこで犬の種類と認めている
ものでしかないので具体的な犬の種類の数は分からないようです。

そういった「団体で認めている犬の種類」ということで考えなければ
大体700前後の犬の種類があるのではないかと言われているようです。

それに、新しい犬の種類が誕生し、それが新たな犬の種類として
公認されていることもあるようなので、今の犬の種類の記録は
数年後には違った数になるはずです。

また犬は、動物学的にみると、イヌ科に属する哺乳類で、オオカミが
祖先であると言われています。祖先がオオカミというのは分かりますね。
そして犬は人間のパートナーとして家畜化された最初の動物だと言われています。

動物学上では、犬は、野生の時には群れを作って集団生活をしていたと
考えられていて、順位性に厳しいのが特徴でリーダーに従順な性質をもっていたため、

特別な訓練をしなくても、人間の狩りの手伝いをすることができるようになったと、
動物学では考えられているようです。

現在でも、犬をしつける時に大事なことは「飼い主がリーダー」ということを
教える必要があると言われているのは、動物学に基づいたもです。

そのため犬は最初の”しつけ”がとても大事になってくるということが
分かります。